2019年12月30日

今年も一年間ありがとうございました。

image01.jpg

いつもシェルマン伊勢丹本館店スタッフブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
早いもので今年もいよいよ残りわずかとなりました。
この一年も多くの方のご来店、いろいろなお声を頂戴し誠に感謝に堪えません。

今年は新しいメンバーがチームに加わりました。
初めて担当するアンティークの深淵な世界に、日々新鮮な驚き体感しているようです。
まだまだ勉強中ながらも、そんなフレッシュな視点からの文章に
ベテラン勢もアンティークに出会った頃の新鮮な感覚を
追体験するように楽しませてもらっています。

これからもアンティークウォッチとジュエリーの魅力を
より多くの方に楽しんでいただけるよう努めていきたいと思っております。
来年もまたどうぞお引き立てのほどよろしくお願いいたします。

なお、年末年始の伊勢丹新宿店の営業時間は以下の通りとなります。
どうぞよろしくお願いいたします。

年末:12/31(火) 10:00−17:00(食品・6F催事場のみ18:00)
年始:1/2(木)10:00−18:00
1/3(金)10:00−20:00
1/4(土) 10:00−20:00


posted by Shellman ISETAN staff blog at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

ジャガー・ルクルト「ピンクゴールドのトルネード」

こんにちは。

今回のご紹介は"時計通″からの評価が高いジャガー・ルクルトから。

そのクォリティの高さと独創性で根強い人気を持つジャガー・ルクルト。
ユーザーのみならず同業者でもある他の時計メーカーやジュエラーからも
確固たる信頼を得ている稀有なメーカーです。

現在一番知名度の高いモデルは時計本体が反転する「レベルソ」だと思いますが、
第二次大戦前に既にこのようなモデルを完成させており、その独自の感性が
非凡なるものに魅力を感じる層からの支持を獲得し続けてていると言えます。




A13964 01F1.jpg

今回ご紹介のモデルも、一目見ただけで記憶に残る一点です。

時計本体の両サイドで圧倒的な存在感を示しているラグ部分。
もはやベルトを取り付けるためのパーツという役割を越えてしまっています。




A13964 02F2.jpg

大きなトルネード(竜巻)が時計を抱えて飛び回っているような躍動感。
ラグの模様などというレベルではなく、
この時計をアートたらしめている主役と言えるほどです。




A13964 03D1.jpg

そして大胆なデザインを最大限に活かしているのが目に見えない部分。
手巻きの時計なので通常は3時位置にリューズが配されるものですが、
それらしきものが見当たりません。




A13964 05S1.jpg

こちらは3時側から見たところですがやはりリューズは見えません。




A13964 06S2.jpg

実は秘密は9時側から見たときに判明します。
こちらでも何度かご紹介してきましたがバックワインドのムーブを採用しているのです。
いわゆる裏巻きリューズですね。




A13964 07BS1.jpg

こちらが背面から見たところです。
リューズが完全に時計の影に隠れており正面からは見えません。
これほど印象的なデザインのラグがすんなりと目に入ってくるのも
時計には必須の部品であるリューズが見えないというジュエリー視点が大きく影響しています。




A13964 04D2.jpg

誰の目をも引き付ける大胆なデザインをより印象的に見せているのが、
実は高度な技術に裏打ちされたムーブメントの構造というわけです。




A13964 08H1.jpg

ぱっと見、デザイン最優先と思えるほどの独創的な時計を作っていながら、
その為に必要な裏方の仕事にもしっかりとエネルギーを注ぎ実力を積み重ねる。
このような姿勢が数ある時計メーカーの中でも
ジャガー・ルクルトを唯一無二の存在にしていると言えます。

文武両道的な魅力にあふれるこの一点。
ぜひお試しください。










by M.A.


A13964
ジャガー・ルクルト
1950年代 
18KPG
450,000円+税





インスタグラムはこちらから!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/


お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横


ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます

2019年12月09日

カメオの薔薇リング

こんにちは。

今回はカメオリングのご紹介です。

G3274 02F2.jpg

G3274
シェルカメオ 薔薇リング
¥140,000+税

可憐な白い薔薇が描かれたカメオリングです。
ミルクベージュとホワイトの優しい色味とも相まって、上品な印象ですね。

G3274 03F3.jpg

カメオジュエリーはブローチかペンダントを見かけることが多いですが、
こちらは比較的数の少ないリングタイプ。
神話モチーフや横顔でなく、植物のデザインなので自然と手元になじみ、
コーディネートに取り入れやすいお品物です。

G3274 08S2.jpg

こちらのリングの一番の特徴は、少し厚めに彫刻した立体的なつくり。
側面から見ていただくとそのボリュームがお分かりいただけます。
立体的にすることでどの角度からでも薔薇の彫刻を堪能することができます。

G3274 09S3.jpg

カメオを縁取る金細工は、ロープ状に撚った2本金線で出来ており、
絵画の額縁のようにも見えるのが素敵ですね。

G3274 06D3.jpg

サイズ直しもお受けいたしますので、
店頭にてご相談くださいませ。

K.S.
posted by Shellman ISETAN staff blog at 00:00| ANTIQUE JEWELRY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする