2019年07月09日

明日より新着フェアがスタートします!


こんにちは。いよいよ明日10日(水)より夏の時計新着フェア

「Shellman VINTAGE WATCH New Arrival Collection
が始まります。
7.10(水)−7.23(火)


DM表.jpg

DM裏.jpg



通常はなかなか見られない珍しいモデルもいろいろ取り揃えました。
皆様お誘いあわせの上ぜひご来店くださいませ。お待ちしております。

Shellman VINTAGE WATCH New Arrival Collection
7.10(水)−7.23(火)






インスタグラムはこちらから!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/



お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横



ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます


シェルマンオンラインショップはこちらから
posted by Shellman ISETAN staff blog at 00:00| ROLEX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

「ロレックス ダイヤバングル」



こんにちは。

今回のご紹介は人気のロレックスから。
バリエーションの豊富さがアンティークロレックスの大きな魅力ですが、
こちらのモデルは華やかな場のために作られたジュエリーウォッチです。




D4982 01F1.jpg

本体はダイヤ取巻きで、上下のラグ部分に大きめのダイヤがセットされたもの。
定番のデザインで紐やテニスブレス風のデザインのものと組み合わせたものが一般的です。




D4982 02F2.jpg

こちらのブレスは最初から時計にセットされていたものではなく、
おそらくオーダーで作られたものと推測されますが、
とても秀逸なデザインで、フォーマル度の高い本体のデザインを活かしながらも、
同時に気軽な日常使いにもしっかり対応してくれる優れものです。




D4982 03D1.jpg

テニスブレス風のブレスレットはエレガントさとゴージャス感を兼ね備えた
素敵なパートナーですが、その分フォーマル寄りの雰囲気が高く
TPOによっては出番が少なくなってしまう事も。

逆に紐はさりげなさと落ち着きを感じさせてくれますが、
反面華やかさは控えめになり、かといって現代物の様なスポーティな雰囲気とも違います。




D4982 04D2.jpg

相反するものを共存させるのはかなり高度なテクニックを要することで、
成功例と感じられるものに出会う機会はそうそう多くはないものです。

このブレスはその成功例の一つと言えるでしょう。
特徴はシンプルさと個性。まさに相反する要素なのですが、
ブレス単体としても時計との組み合わせとしても見事な調和を醸し出しています。




D4982 05S1.jpg

本体との接続部分はラグのダイヤに合わせたアールを描いた形状。
時計の直径よりわずかに幅を狭くしてなだらかなグラデーション型。
その縁の部分のみパイピングのようにダイヤがセットされています。




D4982 06BR1.jpg

小さな時計本体に対しては、それなりの幅を持つブレスではありますが、
バイアスの細かい交差線が彫られているため、
光の反射を柔らかく分散させていて、しっとりしたマットな質感を感じます。

そして4コマ目からはダイヤ無しのプレーンなコマの連続になり、
腕に着けてみると、華やかさと同時にカジュアル感もあって、
絢爛豪華すぎず地味ではない、日常感と非日常感のバランスが絶妙な一点に仕上がっています。
まさに「モダンなバングル」という雰囲気にあふれています。




D4982 07H1.jpg

日本では日常とフォーマルを使い分ける機会がさほど多くはないため、
こういうデザインこそが一番汎用性が高い様に思います。

ぜひご覧になってみて下さい。









by M.A.

D4982
ロレックス
1960年代 
14KWG
680,000円+税





インスタグラムはこちらから!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/


お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横


ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます

2019年03月02日

ROLEX 1950's

皆様こんにちは。

今日はこちらの時計をご紹介いたします。


A13621 01F1.jpg


ROLEX 1950年代、18KWG
¥320,000∔税


程よいサイズ感の角型ロレックスです。

角型の時計というと、
かっちりしたデザインのかっこいいタイプが多い中
こちらはとても柔らかい印象です。



A13621 02F2.jpg

文字盤はバーインデックスではなく
小さなピラミッド型のドットタイプ。


A13621 06H1.jpg

ラグも細い金線で結び目を象った
曲線の美しいデザインです。


A13621 03D1.jpg

ガラスとケース全体も
ややカーブした丸みを帯びた形状で
インデックスやラグととても統一感があります。


A13621 04D2.jpg


紐タイプの時計は現代ではあまり作られなくなってしまいましたが、
手元を華奢で華やかに見せてくれるとても素敵なアイテムです。

もちろんフェミニンなお洋服にはとてもよく合いますが
カジュアルでメンズライクなファッションに
あえて合わせるのもまた素敵

色々な楽しみ方のできる1本です。


M.S


インスタグラム始めました!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/


お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横


ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます


シェルマンオンラインショップはこちらから
posted by Shellman ISETAN staff blog at 20:13| ROLEX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする