2020年01月13日

ロレックス「切子のバングル」

こんにちは。

今回のご紹介はロレックスから。
とても魅力的な1点が入荷しました。

アンティークウォッチの魅力の一つに手の込んだブレスレットの細工が挙げられます。
これまでもいろいろご紹介してきましたが、今回の物はかなり希少なタイプです。




D6394 01F1.jpg

正面から見ると、シンプルで端正さを感じるすっきりとしたデザイン。
これまで見たことのないような個性的な時計というわけではありません。
では何が希少なのかというと・・・




D6394 03D1.jpg


D6394 04D2.jpg

こちら斜め方向から見た方が分かりやすいかもしれません。
一般的なブレスレットはフラットに編込んでいくものが多いのですが、
こちらはかなり立体的で、ちょうど断面図がオーバル型になっています。




D6394 11H1.jpg

着用した際にバングルになることをコンセプトとしたデザインです。
外周面に畝状の彫りが施されており、立体感と相まって
古代ギリシャ・ローマ時代の大理石の円柱をイメージさせます。
このブレスレットを活かすために、時計本体も一回り小さなものが使われています。

一つ一つがチューブ状の構造になっていてその内側で接続されているのですが、
外面からは一体感のある美しいラインを構成しています。




D6394 08BR3.jpg

こちらは内周面になります。
外周とは違って彫りはなくとてもなめらかな触感です。
フラットなブレスとは異なり、ブレスの縁部分がないため
その着け心地の良さは、他には代えがたい魅力です。




D6394 06BR1.jpg

D6394 09BR4.jpg

そして着用してみて初めてわかるのがそのきらめきです。
縦に彫られた畝模様の部分と、チューブとチューブの境目部分のわずかな差が
あたかも丹念に仕上げれらたガラスの切子細工のような印象的な光を放ちます。

残念ながら画像では再現できませんでしたので、
機会がありましたらぜひ実物に触れてみてください。




D6394 02F2.jpg

人の手による細工の楽しさ。奥行きの深さ。
アンティークの魅力であるそういった一面を実感できる時計です。











by M.A.


D6394
ロレックス
1960年代 
18KWG ダイヤモンド
780,000円+税





インスタグラムはこちらから!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/


お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横


ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます

posted by Shellman ISETAN staff blog at 00:00| ROLEX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする