2019年05月27日

フェデリング「信頼の証」

こんにちは。
5月より伊勢丹本館店に配属されました、K.S.です。
ブログを通して、皆様にアンティークの魅力をお伝えできればと思います

第1回目にご紹介するのは、こちら。

G3200 01F1.jpg


手と手を取り合っているデザインが特徴的なリングです。
現代ではあまり見かけないデザインですが、12世紀から18世紀にかけて作られた、伝統ある細工です。


G3200 05D3.jpg


"fede"はイタリア語で信頼を意味し、
「信頼・忠誠」の証として、婚約・結婚指輪として用いられてきました。
フェデリングを身に着けた愛し合う夫婦の手と手を取り合う姿が、想像できます…。

そんなロマンチックな意味を込めたリングですが、
一つ、別の意味も込められている細工がされています。

握られた手をほどくと…


G3200 11OPD1.jpg


なんと、その下に小さなロケットが隠されているのです。
何のために存在しているのでしょうか?
以下の用途に使われたのではないかと、考察できます。

●相手を想う為の「ロケット」
●暗殺・自害を目的とした「ポイズンリング」

●「ロケット」の意味
昔から遠く離れた相手や、故人を偲ぶ意味を込めて、
ロケット内(=蓋の中)に相手の肖像画や、髪の毛を入れて身に着ける風習があります。
これは愛の証しとして、フェデリングの意味にも密接にリンクします。

●「ポイズンリング」の意味
中世ヨーロッパの権力者は、常に命を狙われていました。
毒薬をロケット内に隠し、死に至らしめる道具として…
また、貶められ拷問を受ける前に自害する目的として…
そんな目的で使われたこともあります。


G3200 14S2.jpg


…と、少し怖いお話しをしてしましましたが、
ポイズンリングの名前の由来である毒にとしての使い方は、
19世紀に入る前には廃れ、名前だけが伝わりました。

こちらのフェデリングは20世紀初期の物ですので、
ご安心くださいませ。


誰が、どんな時に、どんな思いを込めて使ったのか…
そんな想像を膨らますのも、アンティークの楽しみ方の一つです。


ぜひ店頭でお手に取っていただき、繊細な職人技を感じてみてください。

皆様のご来店、お待ちいたしております。






by K.S.






G3200
フェデポイズンリング
20世紀初期 18K
280,000円+税


インスタグラムはこちらから!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/



お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横



ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます


シェルマンオンラインショップはこちらから


posted by Shellman ISETAN staff blog at 00:00| ANTIQUE JEWELRY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする