2019年09月16日

バングル「いにしえの様式美U」

こんにちは。
今週からスタートしたアンティークジュエリーの新着コレクション
「Shellman Antique Jewelry New Arrival Collection」
おかげ様でご好評いただいております。
9月24(火)まで開催中です。ぜひお誘いあわせの上お越しください。

今回はそのDM掲載の内の一点をご紹介します




G3305 01F1.jpg

19世紀に作られたゴールドのバングルです。
今年の2月にも同系スタイルのブローチをご紹介しましたが、
この時代に多くの古代遺跡が発掘され、それらに対する研究も盛んでした。
またデザイン様式への影響にも大きなものがありました。

ジュエリーにおいては、大変に手の込んだ繊細な金細工が代表例で、
「フィリグリー」と呼ばれる線状細工
「グラニュレーション」と呼ばれる粒金細工
「レポゼ」と呼ばれる打ち出し細工等が有名です。




G3305 02F2.jpg

この内、このバングルに使われているのが「フィリグリー」と「グラニュレーション」
バングルのシルエットそのものは、腕の形状に合わせたシンプルなオーバル型の「環」
なのですが、その装飾の緻密さには圧倒されます。




G3305 08S4.jpg

環の縁の部分には上下とも等間隔で粒金の細工が施されていて、
一見整然とパールが並べられているような華やかさを感じます。




G3305 09DT1.jpg

そして圧巻なのはその前面部分の細工です。
ひし形の枠にセットされたパールを中心にして、
その4隅にはさらに小さな粒金を使ったオーナメントが配され、
その両サイドにはらせん状の模様を付けた線状細工をあしらうという
繊細さの積み重ねが素晴らしい。




G3305 04D2.jpg

しかもそれを一単位として、前面180度分の連続模様となっています。
そしてこのパターン全体を、畝状に組み合わされた3本のねじり線細工で囲んでいて
まるで古代都市を守っている城壁を思わせる荘厳さがあります。




G3305 05S3.jpg

こちらはサイド蝶番方向から見たところです。
後面部分は無垢の地金状態になっていて前面との対称性が印象的です。




G3305 06S1.jpg

G3305 07S2.jpg

こちらは開口部です。
前後面の切り替えと、上下部装飾の連続性の対比がユニークです。




G3305 03D1.jpg

見る角度によって違った表情を見せてくれる奥行きの深さ。
いにしえより受け継がれてきた、美の感覚を実感させてくれる一点です。






by M.A.





G3305
バングル
19世紀後期
パール 15K
SOLD


インスタグラムはこちらから!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/



お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横



ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます


シェルマンオンラインショップはこちらから
posted by Shellman ISETAN staff blog at 00:00| ANTIQUE JEWELRY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする