2019年07月29日

ルビーとエナメルのリング

こんにちは!

今回はこちらのリングをご紹介いたします。

CJ348 04D2.jpg

CJ348 19世紀中期 
ルビー、ダイヤ、エネメル、15K
¥260,000(税抜)

アンティークジュエリーでエナメルを使われる際、
エナメルは単色であることが多いのですが、
こちらのリングでは珍しく、黒とアイボリーの2色が使われています。

CJ348 01F1.jpg

色数を数えてみると
ルビーの赤、エネメルの黒とアイボリー、ダイヤの無色、地金の金色
計5色が使われています。

彩度の低いモノトーンの中に、一つだけ彩度の高いルビーの赤色が入ることで、
色数が多くてもちぐはぐにならず、バランスの良い仕上がりになっています。

CJ348 02D1.jpg

実際に身に着けるとルビーの赤色が冴え、手元がとても華やかになります。

CJ348 07S2.jpg

金の蔦模様がよりクラシカルな印象を持たせてくれるのも特徴です。
華奢なシャンクと石周りに模様を彫り込み、その隙間にエナメルを装飾しています。
よく見ると少し彫りがいびつになっているところが、
大量生産品にはない、職人の手作り感と温かみを感じられるポイントです。

CJ348 06S1.jpg

シックなワンピースやモノトーンのお洋服ですとよりマッチし、
上品な雰囲気を醸し出してくれます。

ぜひ店頭でお手に取ってご覧いただきたい逸品です。


皆様のご来店お待ちいたしております。

K.S.

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
株式会社シェルマン
新宿・伊勢丹本館店
〒160-0022東京都新宿区新宿3-14-1
伊勢丹新宿本店本館3F ウエストパーク/シェルマン
TEL&FAX:03-6273-2335
ilisetan@shellman.co.jp
posted by Shellman ISETAN staff blog at 11:00| ANTIQUE JEWELRY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

天才時計師の名前「ブレゲ アールデコ」


こんにちは。いよいよ新着フェアも明日23日(火)が最終日です。
どうぞこの機会をお見逃しなく!


「Shellman VINTAGE WATCH New Arrival Collection

7.10(水)−7.23(火)


DM表.jpg

DM裏.jpg



今回は、その新着のDM掲載品の中の一点をご紹介します。

アンティークウォッチの世界では
パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲの3ブランドが、
通称御三家″と呼ばれ伝統ある最高峰のブランドとして垂涎の的ですが、
現代ではこれと同格扱いされるブランドの一つが今回ご紹介のブレゲでしょう。




A13749 01F1.jpg

フランス王妃マリー・アントワネット寵愛の時計師として名高い
ルイ・アブラアム・ブレゲに端を発するブランドで、その起源は大変に古いのですが
実はアンティークウォッチの世界ではあまり現物を目にすることがありません。

フランス革命の影響で空白の期間が長かったとか、
ブレゲ本人があまりに天才過ぎて弟子達では、引き継ぎきれない部分があったとか
様々な説を聞きますが、ブレゲ亡き後工房の運営に紆余曲折があったのは事実のようです。

結果として製作された点数も少なく、時期によってクォリティのばらつきもあった模様で、
現在のように多くの人々にその名前を知られるようになったのは、
1970年にフランスのジュエラー ショーメによって再生されたことが分岐点となりました。




A13749 04D2.jpg

今回の時計は1930年代の製作と、腕時計としては初期の時期のもの。
こちらでも何回かご紹介した長方形でアールデコの影響を受けたスタイルの一点です。
そのシンプルさゆえに時代を超えて受け継がれる美しさを保っています。




A13749 03D1.jpg

ダイヤルのデザインは懐中時計のスタイルを受け継ぎながらも
アールデコらしい幾何学的な直線で校正された文字が印象的です。




A13749 02F2.jpg

そしてその名を冠した独特のデザイン「ブレゲ針」
先端部に穴の開いた丸型のモチーフをあしらった針は、
現在に至るまで多くの時計に採用され続けており、数百年間の定番として認識されています。




A13749 05S1.jpg

通常サイド部分は彫刻が施されていることが多いのですが、いたってプレーンな無地の仕上げで、
リューズ上部に、フランスのプラチナ刻印である犬の横顔が見られるくらいです。




A13749 06DT1.jpg

とは言っても決して簡単な作りではなく、大変に手の込んだ丁寧な仕事の塊といってもいいでしょう。
細工ではダイヤの縁の部分に細かいミル打ちが施されているのですが、
あまりに細かいため肉眼ではほとんど意識されないほど。
シンプルとは決して簡易なものという意味ではないことがよくわかります。




A13749 07H1.jpg

まさにブレゲの名を冠するに値する名品です。
歴史的な天才時計師の名前をじっくりとご堪能ください。









A13749
ブレゲ
1930年代
プラチナ ダイヤモンド
900,000円


インスタグラムはこちらから!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/



お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横



ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます


シェルマンオンラインショップはこちらから

--
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
株式会社シェルマン
新宿・伊勢丹本館店
〒160-0022東京都新宿区新宿3-14-1
伊勢丹新宿本店本館3F ウエストパーク/シェルマン
TEL&FAX:03-6273-2335
ilisetan@shellman.co.jp
posted by Shellman ISETAN staff blog at 00:00| ANOTHER ANTIQUE WATCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

ル・クルト「編み込みブレスレットウォッチ」

こんにちは!

新宿伊勢丹本館店では新着フェアを開催中です。


「Shellman VINTAGE WATCH New Arrival Collection

7.10(水)−7.23(火)


DM表.jpg

DM裏.jpg



今回は新着の中から珍しいブレスデザインの時計をご紹介です。

A13658 02F2.jpg

A13658 1950年代
ル・クルト 14KWG
¥380,000(税抜)

アンティークウォッチでは、宝飾系以外ですと
革や紐ベルトが多く、ブレスタイプは比較的少なめです。
そんな中でかなり珍しいデザインなのがこちらの時計。

A13658 03D1.jpg

ブレスタイプは平編みのフラットなデザインが主流で、
このようなボリューム感のある三つ編み状のものは入荷の少ない珍しいお品物です。

A13658 07BR2.jpg

全面にポリッシュ仕上げがされており、立体的な作りにより生じる陰影と相まって
実際に身に着けると宝石の輝きに負けない輝きを放ちます。

A13658 09BKL2.jpg

留め具の作りもとても丁寧で、美しい編み込みに合わせて立体的に仕上げられています。
全体のデザインに配慮した設計は、ジュエリーとしての用途を主としたものならでは。

A13658 10H1.jpg

これだけ重厚感のある見た目ですが総重量は34.8g
あれ?意外と軽い?と思われたかもしれません。

このくらいのボリューム感のあるブレスレットだと、50〜100g位になることが多いのですが、
日常的に身に着けるにはには少々重く、一日中着けっぱなしだとちょっと負担になったりします。

A13658 05S1.jpg

その負担を軽くするための工夫が、薄めの地金を採用し立体的な編み込んだデザインです。
これにより、ボリューム感を出しながらも負担の少ない重量に抑えているわけです。

見た目の美しさと、快適に使える機能美を両立できているのは、
職人のなせる業ですね!


今回ご紹介した時計以外にも、数多く新着商品をご用意しております。

皆様のご来店お待ちいたしております。


K.S.


--
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
株式会社シェルマン
新宿・伊勢丹本館店
〒160-0022東京都新宿区新宿3-14-1
伊勢丹新宿本店本館3F ウエストパーク/シェルマン
TEL&FAX:03-6273-2335
ilisetan@shellman.co.jp
posted by Shellman ISETAN staff blog at 10:41| ANOTHER ANTIQUE WATCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする