2019年04月29日

ブローチ「スーパーリアリズム ダイヤモンドとルビーの花」


こんにちは。

今回のご紹介は20世紀初期の花のブローチです。
花はブローチのモチーフとしては特に人気が高く、
それだけにバリエーションの豊富さは群を抜いています。
パリュール等正装用に作られたセットジュエリーの中のもの。
大胆にデフォルメされたもの。様式化されたもの。
そして今回のような写実的なもの。




G3172 01F1.jpg

動物や植物などの有機物はとても複雑な形状をしているため、
写実的に作ろうと思うとどうしても手仕事に頼らざるを得ず
より多くの手間と時間を必要とします。

全くもって量産には向きません。
それゆえ同じ題材を元に作っても決して同じものにはならず
「一点もの」の魅力を十二分に楽しめるスタイルとして人気を得ているわけです。




G3172 02F2.jpg

花にはあまり詳しくないので確定はできないのですが、
このブローチのモチーフはフランス菊ではないかと思います。
中央の花弁の部分にはパヴェセットのダイヤモンドをあしらい、
その周りに花びらが取り巻いています。




G3172 04D1.jpg

この花びらの一枚一枚の造形が本当に素晴らしい!
満開の時期を過ぎ、やがて枯れゆく前の一瞬、
時の流れを切り取ったような表現が見事です。




G3172 08BS2.jpg

儚さを感じさせる花びらは一つとして同じ形はなく
緩やかにカーブしたもの、大きく捻れたものと様々です。
アールヌーヴォー調の優雅な曲線を描きつつも、
人為的に様式化された線ではなく、
命あるものが持つ自然な流れを感じます。




G3172 05S1.jpg

着用のしやすさを考えて厚みは抑えて作られており
サイド部分から見るとご覧の通りの形状ですが
正面からは薄さを感じさせないのはさすがです。




G3172 06DT1.jpg

こちらは葉の部分です。花びら同様繊細な作りで
葉脈や表面の微妙な質感まで完璧に表現されています。
唯一ルビーだけがジュエリーとしての贅沢なアクセントですね。




G3172 03F3.jpg

全長4p位の小ぶりでさりげなく着けこなせるブローチですが、
手に取ってみた時にその完成度の高さ、奥行きの深さに琴線が震える一点です。
ぜひこの感動をご体感ください。









by M.A.







G3172
ブローチ
20世紀初期
ダイヤモンド ルビー 18K
260,000円+税


インスタグラムはこちらから!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/



お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横



ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます


シェルマンオンラインショップはこちらから




posted by Shellman ISETAN staff blog at 00:00| ANTIQUE JEWELRY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

パテック・フィリップ 1952年

こんにちは!

暖かく過ごしやすい日が続きますね
普段はかなり出不精なのですが、
この季節は気持ちが良くてつい出かけたくなります。

そしてもう来週はもうゴールデンウィーク!!
今年は特に長いお休みなので、
お出かけ先を迷われる方も多いかもしれません。

そんな時はぜひ伊勢丹新宿店へ!
素敵なアンティークもたくさんそろっております


さて、本日はその中からこちらの1本をご紹介いたします。



C1531 06H1.jpg

C1531 パテック・フィリップ
1952年製、18KPG
¥900,000+税


レディースのアンティークウォッチの中では少し大きめの
角型のパテック・フィリップです。


C1531 01F1.jpg

大きめで角型のケース…というと、
メンズライクでかちっとしたイメージになりがちですが
こちらはとても柔らかい雰囲気。


C1531 04D2.jpg

正方形ですが角の丸いピンクゴールドのケースと、
やや小さめに作られたインデックスが
ほど良く優しい印象を加えてくれています。


C1531 05S1.jpg

風防が丸くカーブしており
横からのシルエットもあくまで優しく。


C1531 03D1.jpg

艶のある文字盤や細く美しい針など
パテックらしい正統派の良さも兼ね備えながら
決して堅苦しい印象にならないのが
この時計の良い所


ケースは20oと視認性が良く、
実用性も高い1本。

一生ものの相棒として
長く活躍してくれること間違いなしです!

ぜひ店頭でお試しください。



M.S




インスタグラム始めました!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/


お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横


ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます


シェルマンオンラインショップはこちらから
posted by Shellman ISETAN staff blog at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

「ロレックス ダイヤバングル」



こんにちは。

今回のご紹介は人気のロレックスから。
バリエーションの豊富さがアンティークロレックスの大きな魅力ですが、
こちらのモデルは華やかな場のために作られたジュエリーウォッチです。




D4982 01F1.jpg

本体はダイヤ取巻きで、上下のラグ部分に大きめのダイヤがセットされたもの。
定番のデザインで紐やテニスブレス風のデザインのものと組み合わせたものが一般的です。




D4982 02F2.jpg

こちらのブレスは最初から時計にセットされていたものではなく、
おそらくオーダーで作られたものと推測されますが、
とても秀逸なデザインで、フォーマル度の高い本体のデザインを活かしながらも、
同時に気軽な日常使いにもしっかり対応してくれる優れものです。




D4982 03D1.jpg

テニスブレス風のブレスレットはエレガントさとゴージャス感を兼ね備えた
素敵なパートナーですが、その分フォーマル寄りの雰囲気が高く
TPOによっては出番が少なくなってしまう事も。

逆に紐はさりげなさと落ち着きを感じさせてくれますが、
反面華やかさは控えめになり、かといって現代物の様なスポーティな雰囲気とも違います。




D4982 04D2.jpg

相反するものを共存させるのはかなり高度なテクニックを要することで、
成功例と感じられるものに出会う機会はそうそう多くはないものです。

このブレスはその成功例の一つと言えるでしょう。
特徴はシンプルさと個性。まさに相反する要素なのですが、
ブレス単体としても時計との組み合わせとしても見事な調和を醸し出しています。




D4982 05S1.jpg

本体との接続部分はラグのダイヤに合わせたアールを描いた形状。
時計の直径よりわずかに幅を狭くしてなだらかなグラデーション型。
その縁の部分のみパイピングのようにダイヤがセットされています。




D4982 06BR1.jpg

小さな時計本体に対しては、それなりの幅を持つブレスではありますが、
バイアスの細かい交差線が彫られているため、
光の反射を柔らかく分散させていて、しっとりしたマットな質感を感じます。

そして4コマ目からはダイヤ無しのプレーンなコマの連続になり、
腕に着けてみると、華やかさと同時にカジュアル感もあって、
絢爛豪華すぎず地味ではない、日常感と非日常感のバランスが絶妙な一点に仕上がっています。
まさに「モダンなバングル」という雰囲気にあふれています。




D4982 07H1.jpg

日本では日常とフォーマルを使い分ける機会がさほど多くはないため、
こういうデザインこそが一番汎用性が高い様に思います。

ぜひご覧になってみて下さい。









by M.A.

D4982
ロレックス
1960年代 
14KWG
680,000円+税





インスタグラムはこちらから!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/


お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横


ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます