2019年03月26日

明日から!NEW ARRIVAL COLLECTION

こんにちは!

明日3/27より、
アンティークジュエリーと時計の新着コレクションがスタートします


ILDM最終-2.jpg


ILDM最終-1.jpg


掲載品以外にも、素敵なアンティークが多数入荷いたします!
ぜひこの機会にご来店くださいませ。


SHELLMAN

VINTAGE WATCH & ANTIQUE JEWELRY
NEW ARRIVAL COLLECTION
3/27WED.-4/9TUE.


インスタグラム始めました!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/


お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横


ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます


シェルマンオンラインショップはこちらから


posted by Shellman ISETAN staff blog at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

リング「パールとルビーの花」

こんにちは。

今回は150年ほど前のリングのご紹介です。
ヴィクトリア時代ならではのゴールド使いの優雅さは
20世紀のプラチナのジュエリーのシャープなイメージとは異なり、
暖かさや、可憐さを感じさせるデザインです。




G3189 01F1.jpg

小さい石を組み合わせて「花」に見立てたモチーフは人気があり、
取巻きのクラスターリングなどはその代表的なスタイルですが、
こちらのリングの個性的なところは、単純に花の形状を再現するのではなく
自然の花の可愛らしさと幾何学的な線をうまく組み合わせているところです。

一般的にこういったモチーフのデザインの場合、
中央に大きな花、左右に葉や蔓などの装飾を持ってくるか
複数の花が並ぶようなパターンにすることが主流です。




G3189 02F2.jpg

ところがこのリングの場合、中央のパールの花のパターンの両サイドに
パールの花びらを共有するようにルビーをあしらっています。
パールよりルビーを少し小振りにすることでリング全体に
柔らかなグラデーションラインをもたらしていること。
そしてよく見ると3段に渡って石が水平に並んだ「三文字」になっていて
クラシカルな中にも、すっきりとしたモダンな様式美で構成されていること。

アールデコの様なシャープな幾何学ラインではないので、
一見するとそのような意匠があるとは意識されないさりげなさですが
一般的な植物モチーフと比べると端正さを感じる所以です。




G3189 03D1.jpg

石のセッテングは薄い板爪を用いており、
石の華奢な印象を損ねないよう極力ボリュームを抑えています。
また周りには粒金状のモチーフがあしらわれていて、細やかな陰影が美しく
この時代ならではの高貴な印象があります。




G3189 06S1.jpg

サイド部分には手彫りの細かい彫刻も施されていて
宝石部分との調和が見事です。




G3189 07S2.jpg

高さも抑えてあり日常使いしやすいのも魅力です。




G3189 08BS1.jpg

こちらは裏側です。
ジョージアンの流れで裏はクローズドバックになっています。




G3189 09HM1.jpg

内側にはイギリスならではのホールマークが見られます。




G3189 05D3.jpg

普段使いしやすい落ち着きがありながら、手に取ってみるとわかる手間のかかった細工。
そんな楽しみ方のできる一点です。ぜひお手に取ってご覧になってみてください。









by M.A.







G3189
リング
19世紀中期
ルビー パール 18K イギリス
260,000円+税


インスタグラムはこちらから!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/



お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横



ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます


シェルマンオンラインショップはこちらから




posted by Shellman ISETAN staff blog at 00:00| ANTIQUE JEWELRY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

ブローチ「空色の花」

こんにちは。

今回も19世紀のブローチをご紹介します。




I452 01F1.jpg

第一印象でインパクトを感じるのが明るい空色のターコイズです。
近年ではシルバーのインディアンジュエリー等カジュアル使いのものが多いですが、
アンティークジュエリーではエレガントで繊細なデザインにも多用されていました。




I452 02F2.jpg

カジュアル使いには見られないきらめくダイヤモンドの組み合わせが
ターコイズのきれいな色味を一層引き立てていて、
フォーマルな場でもきちんとスタイルを保ってくれるデザインです。




I452 03D1.jpg

ヴィクトリアン様式の花束はオールドマインカットをメインにローズカットや
ファンシーシェイプのものまで取り入れ、それぞれが全て形サイズが異なっていて
植物の自然な風合いをうまく表現しています。




I452 04D2.jpg

エドワーディアン様式のプラチナとは異なり、石周りにはシルバーを使っており、
素朴な風合いと、少し野趣をも感じさせる力強さが印象的です。

プラチナ細工の特徴であるミル打ちがなく、その分枠の輪郭線が強調されていて
花や葉の形がくっきりと目に入ってくるのがお分かりいただけるでしょうか。




I452 06S1.jpg

決して厚みが大きいわけではありませんが、植物の有機的な曲線を表現するため、
横から見ても穏やかなうねりの流れが見て取れます。




I452 07BS1.jpg

裏側から見るとこんな感じです。
幾つかのパーツごとに作成し、組み合わせて作られていることがわかります。
また重みでお辞儀をしてしまわないようピンを大きくカーブさせており、
実用するためのちょっとした心遣いも感じ入るところですね。




I452 05D3.jpg

華やかですが、同時にシックで上品。まさに使って楽しめるブローチです。
ぜひお手に取ってご覧になってみてください。









by M.A.







I452
ブローチ
19世紀後期
15K ダイヤモンド ターコイズ 15K シルバー
480,000円+税


インスタグラムはこちらから!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/



お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横



ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます


シェルマンオンラインショップはこちらから


posted by Shellman ISETAN staff blog at 00:00| ANTIQUE JEWELRY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする