2019年01月24日

パテック・フィリップ「クグロフ」

こんにちは。


さて本日は久しぶりの最高峰パテック・フィリップから。

言わずと知れた時計の頂点ブランドで、
時計ファンが最後に欲しい1点とも言われる名品です。

基本的にデザインはシンプルなものが多く、
それ故に類似のデザインのものも少なくはないのですが、
比べると却って質感の違いが際立ち、さらに評価を上げるところが
パテック・フィリップのすごさとも言えます。



A13177 01F1.jpg

もちろんパテック・フィリップにも個性的なデザインはあり、
今回ご紹介の時計もそんな中の1点です。

あくまでパテックの端正さは維持しながらも、
この時計だけの魅力を兼ね備えています。
特徴は何と言ってもベゼル、というよりケース全体のデザインです。
ダイヤルの周りに細かい筋彫りがされており、これだけでも目を引きます。



A13177 03D1.jpg

斜めから見ると縁からガラス面に向けてスロープを描いており、
このような模様と造形の組み合わせは時計全体でもあまり見ないものです。



A13177 05S1.jpg

A13177 06S2.jpg

さらに視点を変えて側面の方を見てみると、ベゼル部分の筋彫りは
緩やかなカーブを描きながら斜めの畝模様を構成しています。

この形が、フランス・ドイツ・オーストリア・スイス等で受け継がれている
伝統的なお菓子として有名な「クグロフ」のような形になっており、
最高峰の格調高さの中にも、どことなく親しみやすさ懐かしさを感じさせます。



A13177 04D2.jpg

パテック・フィリップの存在感はしっかり保っていますが
なんとなく愛嬌を感じさせる表情をもっています。



A13177 02F2.jpg

ケースのインパクトと調和するように、ダイヤルには
12,3,6,9時位置にアプライドのアラビア数字のインデックスが配されており、
ケースデザインだけが目立ちすぎることもなく、とてもバランスのいい1点に仕上がっています。



A13177 07H1.jpg

高級感の中にも柔らかさ、親しみやすさが欲しいという方にピッタリの時計です。
ぜひ直接お確かめください。









by M.A.

A13177
パテック・フィリップ
1956年 
18KYG
1,150,000円+税





インスタグラムはこちらから!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/


お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横


<span style="color:#FF0065;">ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます</span>
<a
href="http://www.shellman.co.jp/cgi-bin/shellman/eos2/webshop/shopList01.cgi?hC1=02"
target="_blank"><DIV style="TEXT-

ALIGN: center"><IMG border=0 alt=SHELLMAN




posted by Shellman ISETAN staff blog at 00:00| ANOTHER ANTIQUE WATCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする