2018年02月26日

ロレックス「ユニークなプレーンウォッチ」

こんにちは。

今回のご紹介は、リクエストの多い人気のロレックスから。

ロレックスをご紹介するときに毎回思うのはそのバリエーションの豊富さです。
名作と呼ばれる定番の形も多いですが、これだけ長くアンティークウォッチと
関わってきても、未だに新たな出会いがあるのもロレックスの大きな魅力です。




A13119 01F1.jpg

今回ご紹介するのも、あまり見ないユニークな1点です。
宝飾系ではなく時計本体と革ベルトのプレーンな組み合わせなのですが、
その形がとても個性的です。




A13119 02F2.jpg

時計本体は長方形とオーバル型の中間といった形状で、これ自体あまり見ませんが、
さらにダイヤルを横オーバルというケースと異なった形を配することによって
面白い余白の形を産みだしています。




A13119 03F3.jpg

加えて基本的に丸型のケースに組み合わされることの多いカットガラスをあしらい、
革ベルトを取り付けるためのラグは、ダイヤルに接する部分から、
ベゼルとなった余白部分の上にハの字型にレイアウト。
様々な意匠・造形を重ねることで生み出される立体感と陰影が美しく映えます。




A13119 06S1.jpg

サイドから見るとベゼルも平面ではなく緩やかな曲面を描いており、
その中央部にガラスが取り付けられる枠があって、
それと一体化するようにラグが取り付けられているのがわかります。




A13119 04D1.jpg

A13119 05D2.jpg

ベゼル部分はリネン仕上げによるマットな風合いで、
ムラのある線によって柔らかな質感を醸し出しています。




A13119 07H1.jpg

遠目に見ると小さくシンプルな革ベルトの時計なのですが、
近くで見るほどその際立つ個性に心惹かれる一点です。

ぜひご体感ください。







by M.A.







A13119
ロレックス
1960年代
18KYG
320,000円+税


インスタグラム始めました!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/


お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横


ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます

2018年02月23日

19世紀後期 竪琴のネックレス


皆様こんにちは。

今日はこちらのネックレスのご紹介です。


G1905 01F1.jpg

G1905 ダイヤシルバー15K 19世紀後期 ¥240,000+税

今にも優雅な音色が流れてきそうな珍しい竪琴のネックレスです♪



G1905 02F2.jpg

19世紀後期とこの時代ならではのシルバー、ローズカットダイヤが
用いられています。




G1905 06S1.jpg

ダイヤを詰めている爪も縁取りの様にも使われていて、
華やかさを演出しています。




G1905 03F3.jpg

中央下の一粒ダイヤモンドは
高さのあるお山型のモチーフにセッティングされています。




G1905 07BS1.jpg

裏側です。
竪琴の弦は15KYGになっています。




G1905 04D1.jpg

モチーフとしても存在感のある大きさですので、
こちらのネックレスのみでも十分満足感の得られるものとなっています。




G1905 05D2.jpg

チェーンは別売りのWGチェーンが装着されていますが、
弦に合わせてYGのものに変えても素敵です。


現代のジュエリーにおいて、個性のある、人とは違うものを探すことは
難しいものです。その点アンティークジュエリーは全てが1点ものです。
しかも一つ一つが手作りという、最高に贅沢なオートクチュールジュエリーです。
自分らしさの表現には最適なジュエリーをぜひ見つけてみてはいかがですか。


M.U

インスタグラム始めました!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/


お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横


ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます


シェルマンオンラインショップはこちらから


posted by Shellman ISETAN staff blog at 00:00| Comment(0) | ANTIQUE JEWELRY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

パテック・フィリップ「赤いアールデコ」

こんにちは。

今回のご紹介は、このところ登場回数の多い名門パテック・フィリップです。



A12968 01F1.jpg

ただちょっと珍しいのはルビーとピンクゴールドの組合せであること。
194,50年代に特に人気の高かったスタイルなのですが、ファッション性が高く
伝統的な老舗の時計メーカーの手になるものはかなり希少な存在です。




A12968 02F2a.jpg

形としては端正な長方形ですが、ダイヤルもピンクゴールドカラーの上、
上下にあしらってあるルビーのラインの組合せもあり抜群の存在感があります。




A12968 03F3a.jpg

ルビーはケースデザインに合わせてステップカットのものを使用しており、
レール留めを採用しているためアールデコのシャープなシルエットが生きています。




A12968 04D1a.jpg

A12968 06D3a.jpg

そして正面からはわかりにくいのですが、実はユニークな立体的造形になっていて
ルビーのラインがダイヤル側に向けて斜めに起き上がるような形状です。




A12968 07S1a.jpg

そしてルビーに繋がる面は山折り上に急なスロープになっており、
その斜めの部分中央部に半円状のラグがつきトップにダイヤモンドがセットされているのです。




A12968 05D2a.jpg

このように個々の部分を見てみると結構凝った要素が多いにもかかわらず、
全体的にはすっきりとしたシルエットにまとまっているのはさすが名門という感じですね。




A12968 08H1a.jpg

その時代時代ならではの個性をまといながら、同時に長い時を経ても魅力を失わない。
アンティークに心惹かれるのは、良いものと長く付き合う。大切にする。
という作り手の思いが伝わってくることが大きいような気がします。

ぜひご自身の手でその思いを感じてみてください。







by M.A.







A12968
パテック・フィリップ
1940年代
ダイヤモンド ルビー 18KPG
1,250,000円+税


インスタグラム始めました!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/


お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横


ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます