2020年07月06日

シードパール・ブレスレット

こんにちは。

今回はこちらのブレスレットのご紹介です。

IMG_2143.JPG

I506 20世紀初期
PT 18K
パール ブレスレット
¥480,000+税

かわいらしいサイズのシードパールが、
手元を上品に彩るブレスレットです。

IMG_2241.JPG

しなやかで優美なデザインは、
パールの清廉さを引き立たせます。

IMG_2169.JPG

近くでご覧いただくと、一粒一粒形が微妙に違うことがお分かりいただけると思います。
ダイヤなどの鉱物系の宝石とは違い、研磨せず自然のまま使用するので、一つとして同じ形がないのがアンティークパールの魅力の一つです。

身に着けるだけでなく、ルーペでじっくりと見て一粒一粒の違いを発見してみるのもおススメです。

IMG_2211.JPG

状態も良く、100年近く経過した現在でも変わらない美しい輝き保っています。

IMG_2157.JPG

クラスプもただ留めるだけのパーツとしてではなく、パールとも調和が取れるよう意匠を凝らしたリボンデザインでとても可憐です。

ぜひ店頭にてご試着くださいませ。

K.S
posted by Shellman ISETAN staff blog at 11:00| ANTIQUE JEWELRY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

インターナショナル 「地味?」

こんにちは。

しばらく華やかな雰囲気のジュエリーが続いたので、
今回は打って変わって極めてシンプルな時計をご紹介したいと思います。




A14154 01F1.jpg

スイスの老舗ブランドであるインターナショナル。
正式には、「インターナショナル ウォッチ カンパニー」 と長い名前ですが
現代ではそのイニシャルである「IWC」が主な表記となっているので、
そちらの方に見覚えのある方の方が多いかもしれません。

アメリカ出身の時計職人によって設立されたスイスの時計メーカー。
というちょっと変わった経歴をもつこのブランドは、
機械へのこだわりが強く、その質実剛健さは
同様のこだわりをもつ男性の時計ファンから絶大な支持を得ています。

そのためかどうかレディースの時計はあまり数が多くなく、
店頭でご覧いただける機会もごくわずかです。

今回の一点もそんな希少なレディースウォッチの一点です。




A14154 04D2.jpg>>

サイズは直径20oと小型なのですが、ご覧のようにとてもシンプルでまさに時計らしい形。
写真だけでサイズがわからないと、一見メンズウォッチ?と思ってしまうほど。

女性ものの華やかなジュエリーウォッチを見慣れていると一見地味な印象すら受けますが、
面白いのは、本当にいいものというのはジャンルにはとらわれないのです。
むしろシンプルなものの方がごまかしがきかず、
手に取ってみるととより違いが判るとも言われますね。

こちらの時計も言葉にしてしまえば、「丸型でゴールドの革ベルトの時計」です。
どこにでもある、あまり特別な印象は受けないイメージです。




A14154 03D1.jpg

ですがよく見ると・・・

・僅かに丸みを帯びたダイヤル。
・針は剣のように先端が鋭く根本が広い。長短針で絶妙に差をつけた幅。
・インデックスは立体的な楔型と半休型を交互に配置しメリハリのある仕上げ。

などなど50年代の特徴がしっかりとデザインに反映されています。




A14154 05S1.jpg

ラグは正面からはストレートに見えますが、サイドから見ると緩やかなカーブを描いた柔らかい形。
そして一体になっているケースの厚みよりも、ごくわずかに厚くなっていて、
その部分がベゼルの側面部分と、ちょうど向き合うように作られています。




A14154 02F2.jpg

ベゼル上部のスロープ部分はラグとは接点がないので、正面から見ると、
光が当たった際にも他のバーツに干渉されることなく、綺麗に光がベゼルを一周するというわけです。




A14154 06H1.jpg

どの部分をとっても、そこだけ単体でみれば見逃すレベルのごくわずかなディテールにすぎません。
しかしながらそれらがまとまって一つの形となったとき、絶妙なバランスをもって品格を醸成する。
これこそが名品の名品たるゆえんなのかもしれません。

ぜひ店頭で触れてみてください。一見、"地味" ですのでどうかお見逃しなきよう。












by M.A.


A14150
インターナショナル(IWC)
1950年代
14KYG 200,000円+税





インスタグラムはこちらから!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/


お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:30−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横


ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます

2020年06月15日

ルビー・クラスターリング

こんにちは。
今回はこちらのリングのご紹介です。

IMG_2066.JPG

G3301
20世紀初期 18K
ルビー ダイヤモンド
クラスターリング
¥100,000+税


手元を可憐に彩るお花のリングです。
ピンク色のルビーも相まって、フェミニンな印象を与えてくれます。

オールドカットのダイヤはメレーながらも照りが良く、
華奢な印象とは対照的に、手元が動く度にキラリと輝きます。

IMG_2010.JPG

良くご覧いただくと、
ダイヤはホワイトゴールド、ルビーはイエローゴールドの爪で留められています。
それぞれの爪の色を変えることで、
ダイヤは透明な輝きを損なわずに光り、ルビーはピンク色がより引き立つようになっています。

IMG_2075.JPG

また 爪の覆輪止めに当たる部分には、少し立体的なミルグレインが施されています。
小ぶりな一点だからこそ、より金属部分がデザインの妨げにならないよう
さりげない部分にまで行き届いた仕事に、作り手の細やかな心遣いが感じられます。

IMG_2084.JPG

シンプルに一本付けも良いですが、
重ね付けでご利用いただくのもお勧めです。

サイズは14号で、10号〜18号までサイズ直しが可能です。
ぜひ店頭にてご相談くださいませ。

K.S.
posted by Shellman ISETAN staff blog at 11:00| Comment(0) | ANTIQUE JEWELRY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする