2021年05月14日

【STORY】ブローチ「ゆらめくダイヤモンドの花芯」


こんにちは。
今回ご紹介するジュエリーはシェルマンでは珍しく第二次大戦後のヴィンテージのものです。




F419 01F1.jpg

アンティークジュエリーのどこに心惹かれるか?という話になると、
「繊細で丁寧なハンドメイドならではの作り」
「時代の空気感をまとった気品あるデザイン」
「流行に流されず次世代へと引き継げる普遍的な美しさ」
「人と被らない1点ものの楽しさ」
といったポイントが多くのファンの方に共通するお声のように思います。

現代のジュエリーには現代のジュエリーならではの魅力があるので、
どちらが良い・悪いというものではないのですが、
やはり様々な理由から現代では作ることが困難な部分に強く惹かれるようです。




NY01.JPG

長い人類の歴史の中で第二次大戦後に特に大きく変わったのが社会体制でした。
私達が今暮らしている現代の社会のシステムの多くは、
戦後のわずか80年弱の間に常識となったことであふれています。
国や地域によって差はあるものの、階級制度の実質的終了、男女平等、普通選挙権の普及
外国旅行の簡便化、TVや電話、PCなどの情報機器の浸透、等々上げればきりがないほどです。
人類の歴史が始まって以来ほんの100年前までは、越えがたい壁があったり、
存在すらしていなかったものごとが、今ではごく普通に享受できるものになりました。




RM01.JPG

その近代的で効率的な文明の便利さと引き換えに失われてしまったもの。
アンティークの品々にはその片鱗が残されており、一見無駄とも言えるそのエッセンスに
無性に惹かれてしまうのもやはり人間ならではの性なのかもしれません。

時代に合わせて常に変化できるのが人間の素晴らしさですが、
案外そうそう本質は変わらないのもまた人間です。
そしてそれは戦後の変革期においても一瞬にして失われてしまったわけではありません。




F419 04F4.jpg


このブローチはまさにそんな現在への過渡期の中で作られたもので、
長い間の固定観念が大きく変わり,これまでにはない新しい要素が様々に含まれると同時に
長い間受け継いできた知と匠の伝統も軽んずることなく取り入れており、
はざまの時期だからこそのユニークさが堪能できる一点です。

モチーフは薔薇と思われます。かなりデフォルメしている部分も多く
それ以前には見たことのないシルエットを持っています。

大きな特徴は2点。




F419 05S1.jpg

その一つは花びら部分です。アンティークの時代ではほとんど見ることのない
ゴールドをメッシュ状に編み込んだものをフレームに張ることで花びらを表現しています。
かなり大きな花びらが7枚重なっていてこれだけでもインパクト大です。
ただとても細い金線を用いて編み込んであり、反対側がうっすらと透けて見えるため
まるでレースのような質感で、ボリュームがある割に軽やかな印象です。




F419 02F2.jpg

そしてもう一つが中央の花芯部分です。
一般的に薔薇の花を飾るときは蕾の状態から、重なった花びらがグラデーション状に
開きつつある状態のものを用いますので、花芯を見ることは殆どありません。
ところがこのブローチは目にすることの少ない花芯部分がジュエリーの中心になっており、
見たままを再現するだけではなく、モチーフが持つ要素の中から魅力を感じる部分に
スポットを当てて、そこを象徴的に表現するという新たな視点を感じます。




F419 03F3.jpg

とても立体的な造形なので花の部分を正面から見てもリアルな花のシルエットそのままです。
それでいて輪郭となる太目のゴールドフレームに、メッシュ状の花びら表面という
リアルには無い質感であり、かつなかなか目にすることのない花芯が華やかにきらめく。
現実と非現実のバランス感覚が絶妙で幻想的な雰囲気をもたらしています。

そしてこの花芯部分。これでもかというくらい多数のダイヤがちりばめられていますが、
実はこのダイヤのあしらわれたおしべ部分は1本1本独立して作られており、
そのすべてが個別にゆらめくようなっています。

揺れるブローチ「トレンブラン」としてアンティークジュエリーで有名なものは、
ブローチ本体となる枝葉の部分に花部分を取り付ける際に、
バネ効果のある素材を用いて接続し、花全体が揺れ動くような構造になっています。

ところがこの花芯部分はそれらとは全く構造が異なります。



F419 09DT1.jpg

まずは花芯部分の根元となるベースに、おしべと同数の丸カン上のパーツを取付。
   ▼
その中心に軸より太目の穴を貫通させます。
   ▼
一本一本のおしべ軸の片側先端にダイヤをセット。逆先端から数oの位置に
ベースに取付けたものと同系の丸カン状のパーツを取付。
   ▼
ベースの穴におしべの軸を通し、抜けないように穴より大き目のエンド部分を設置。
この時に軸の傾く角度を調整し、自然にゆれうごくようにセットします。
   ▼
軸にセットされた丸カン型パーツの効果により、
着用すると常にそれぞれのおしべの軸が左右に細かく動きます。
19世紀のトレンブランの様に花全体ではなく、それぞれのダイヤがフルフルと動く様子は、
ジュエリーを見慣れている方にも新鮮なビジュアルとして印象に残ることでしょう。




F419 06BS1.jpg

花部分と比べると小さめにアレンジされていますが、
葉の部分も同様に写実性と抽象性を掛け合わせたデザインになっています。

有機的な優雅な曲線のフォルムにはリアルさを感じますが、
葉脈などのディテールに目を向けると、線の太さ、間隔、角度などが整えられ
グラフィカルなイメージで作られていて、この組み合わせがとてもユニークです。




F419 08BS3.jpg

こちらは裏側になります。ボリュームのあるデザインなので、
着用時の安定度を高めるためピンを2本使った留め方が採用されています。
この構造により生地にしっかり固定されるためブローチ本体がふらつくことなく
ダイヤモンドのゆらめきが強調されることになります。




F419 07BS2.jpg

新しい視点での個性的なデザインと、長い間受け継がれた技術の裏付けがあっての
高度な作り。その時代だけの持つ魅力を体感してみてください。


F419
ブローチ
20世紀中期 ダイヤモンド K18 Pt
1,210,000円 税込み


インスタグラムはこちらから!
https://www.instagram.com/shellman_isetan/

お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:00−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横


ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます

シェルマンオンラインショップはこちらから


posted by Shellman ISETAN staff blog at 00:00| ANTIQUE JEWELRY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月12日

【FINE DESIGN】Vol.17


こんにちは。
今回のデザインはこちら!




G3399 01F1.jpg

アンティークジュエリーの中でもずっと支持され続けている人気のデザイン、
クラスターリングです。こちらでも色々なデザインのものをご紹介してきました。

念のためご説明しますと、同じようなサイズの石を多数セットしたり、
大き目の石をセンターに配し、その周りを同等サイズの石で取巻いたり
したデザインのものがこのように呼ばれます。
定番ゆえのバリエーションの豊富さも探す楽しみの一つで、
クラスターリングをマイジュエリーのスタンダードにしている人もいるとか。




G3399 03F3.jpg

そして今回のリングはそういう方にも目を惹く一点となるでしょう。
ご覧の通り正方形なのです。とてもプレーンなシルエットですが、
それゆえ手の込んだデザインの多いアンティークジュエリーの中で探そうとすると、
これが案外見つかりにくいものなのです。




G3399 04D1.jpg

幾何学的なシルエットを得意としていたアールデコ期のリングの中には
角型も見られますが多くは縦長の長方形で、シルエットは角型でも
凝った透かし模様を施したり、色石を使ってグラフィカルなデザインに
仕上げたものものが多く、プレーンな正方形のクラスターとなると
ありそうだけど実はめったに見ないというわけです。




G3399 09 G2605.jpg

右側が代表的な丸型のクラスターリングですが、こうして並べてみると
同じプレーンなデザインといっても相当印象が異なりますね。




G3399 02F2.jpg

ダイヤモンドは全てオールドヨーロピアンカットのもので、
ほぼ同等のサイズのものが縦横3点ずつ整然と並んでいます。
ラウンドの石に合わせてカーブを描いた縁がリピートされたフレームで、
ミルも打たれていますし、フリルの様な優しい印象があるため、
あまりカッチリとし過ぎておらず、柔かい雰囲気のコーデにも馴染みます。




G3399 08S2.jpg


G3399 07S1.jpg

ご覧の通り厚みも薄くほぼ凹凸がないので、まさに日常使いにふさわしいリングです。




G3399 05D2.jpg

アンティークファンの人にはちょっと珍しい、そうでない人にも使いやすい。
入門編のようでいて案外レアもの。そんな一点です。
ぜひ指にのせてみてください。


by M.A.




G3399
リング
20世紀初期
ダイヤモンド K18
308,000円(税込)


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
政府及び東京都の緊急事態宣言の発出及び百貨店の生活必需品以外の休業要請を受けて2021年4月25日(日)から
当面の間、臨時休業とさせていただきます(食料品、化粧品、レストランを除く)。

●伊勢丹新宿店
2021年4月25日(日)から臨時休業(食料品・化粧品売場、レストランは営業)
※一部サービス施設は営業いたします

営業フロアの営業時間午前11時〜午後7時
本館7階 レストラン街「イートパラダイス」営業時間:午前11時〜午後7時
※店舗により営業時間が異なります ※酒類の提供は控えさせていただきます

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


インスタグラムはこちらから!



お問合せ:TEL03-6273-2335 
10:00−20:00
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横



ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます

シェルマンオンラインショップはこちらから

posted by Shellman ISETAN staff blog at 00:00| ANTIQUE JEWELRY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月10日

【FINE DESIGN】Vol.16


こんにちは。
今週のデザインはこちら!




D6875 01F1.jpg

人気のロレックスから、シェルマンでは珍しい80年代の時計です。
すでにクォーツ全盛期に入って機械式の時計がかなり減少しており、
スイスの時計職人にとっては受難の時代とも言われたころです。




D6875 03D1.jpg

そうは言っても高級時計メーカーにおいては機械式もしっかり継続されており
この後に来る機械式時計復活の時まで、伝統の灯はしっかり守られていました。




D6875 04D2.jpg

現在ではオイスター一辺倒になってしまいましたが、
この時代にはまだロレックスにもドレスウォッチのシリーズが残されており
「チェリーニ」という名称で知られていました。
ルネッサンス期の金細工の職人であり、時の教皇やフランス国王にも仕えた名工
ベンベヌト・チェリーニの名を冠したエレガントなラインナップでした。





D6875 02F2.jpg

中にはゴールドブレスに宝石をあしらった豪華なモデルもありましたが、
こちらはシンプルかつ上品なデザインで、ビジネスからフォーマルまで、
あまりTPOを意識しなくてもさりげなく着けられる一点です。


角型系ですが、曲線を用い角に丸みを持たせた、
いわゆる「クッション」型を長方形のシルエットでアレンジしたものです。
派手さはありませんが、着けてみると案外個性的なシルエットで存在感があります。




D6875 07W1.jpg

なにより大ぶりなサイズで、アンティーク全盛期ではなかなか見つからないサイズです。
左側が代表的なカットガラスのモデルですが、並べると相当な差がありますね。



D6875 05S1.jpg

時間の見易さにおいても優れていますし、大きさの割には薄型で圧迫感がないため
コーディネートがしやすく、スポーツスタイル以外であればほぼ合わせることが可能です。




D6875 06H1.jpg

可愛い小ぶりのサイズよりは大き目で実用性が高いロレックスをお探しの方であれば
ベストチョイスの一点と思います。ぜひお試しください。





by M.A.






D6875
ロレックス チェリーニ
1980年代
18KYG
418,000円(税込)



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

政府及び東京都の緊急事態宣言の発出及び百貨店の生活必需品以外の休業要請を受けて2021年4月25日(日)から
当面の間、臨時休業とさせていただきます(食料品、化粧品、レストランを除く)。

●伊勢丹新宿店
2021年4月25日(日)から臨時休業(食料品・化粧品売場、レストランは営業)
※一部サービス施設は営業いたします

営業フロアの営業時間午前11時〜午後7時
本館7階 レストラン街「イートパラダイス」営業時間:午前11時〜午後7時
※店舗により営業時間が異なります ※酒類の提供は控えさせていただきます

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


インスタグラムはこちらから!


お問合せ:TEL03-6273-2335 
シェルマン伊勢丹新宿店本館
3階中央エスカレーター上り側すぐ横


ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)など
アンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます

シェルマンオンラインショップはこちらから
posted by Shellman ISETAN staff blog at 00:00| ROLEX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする